レンジか下抜けか、週初のドル円の動きに注目

   

Pocket
LINEで送る

ドル円相場

まだ8月中旬というのに、先週は曇り空や雨の日がやたらと多い一週間でした。

週初のドル円相場は、米朝の緊張が少し緩む形で、戻しを試す値動きとなりました。

これまで抑えられてきた4時間足の75SMAを超えて上昇。111円に迫る動きを見せ

るも結局は届かず、上値が重い印象を残してFOMC後に反落となり、上に下に良く

動いた週になりました。

20170820ドル円4時間足

20170820ドル円日足

下落中109円半ばが押し目となるかとも見えましたが、出てくるニュースは良くな

ものがクローズアップされ更なる下落。トランプ政権に対する懸念が強まり、17

日にはNYダウが△271ドルも急落、スペインバルセロナでのテロも重なり再度リス

クオフの流れが強まりました。

 

ユーロ円・ポンド円といったクロス円は、先週安値を割り込み値を崩していますし、

ドル円も一時は前回安値を割り込み108.60近辺まで下落。その後一旦反発し下ヒゲ

を残し何とか109円台で週を引けました。

 

さて日本株はというと、円高に加えNYダウまで軟調となると、やっぱり日経平均は

耐えられないようですね..19,500円を割ってきてしまいました。今週も21日から米

韓合同軍事演習があり、またまた北朝鮮の動きが気になるところとなりそうです。

 

4時間足レベルでは下ヒゲを残す動きとなっていて、ドル円は108円半ばから111円

のレンジが続くことも想定されますが、下のサポートラインも薄くなってきました

し突発的なニュースで下抜け、といった動きに注意が要りそうです。

 

このところ悪いニュースに大きく相場が反応していますが、良いニュースに対する

反応にも、注目しながら今週はチャートを見ていきたいと思います。毎週トレード

で何かひとつは良い気付きを得られるようにしたいですね。

では平穏な毎日を願いながら、今週も良いトレードを!

 

■8/21からの一週間/主な経済指標等の予定
  8/21(月)
    08:30 (英) ライトムーブ住宅価格
    21:30 (US) シカゴ連銀全米活動指数
  8/22(火)
    17:30 (英) 財政収支
    18:00 (EU) ZEW景気期待指数
    18:00 (独) ZEW景気期待指数
    22:00 (US) 住宅価格指数
    23:00 (US) リッチモンド連銀製造業指数
  8/23(水)
    16:00 (EU) ドラギECB総裁発言
    16:30 (独) 製造業PMI・速報値 / サービス業PMI・速報値
    17:00 (EU) 製造業PMI・速報値 / サービス業PMI・速報値
    22:00 (US) MBA住宅ローン申請指数
    22:45 (US) 製造業PMI / 非製造業PMI
    23:00 (US) 新築住宅販売件数
    23:00 (EU) 消費者信頼感・速報値
  8/24(木)
    07:45 (NZ) 貿易収支
    17:30 (英) GDP・改定値
    21:30 (米) 新規失業保険申請件数
    23:00 (米) 中古住宅販売件数
  8/25(金)
    08:30 (日) 消費者物価指数
    15:00 (独) GDP・確報値
    17:00 (独) IFO景況感指数
    21:30 (US) 耐久財受注
    23:00 (US) イエレンFRB議長発言

 

先週の相場  /  閑散相場の中、リスクオフが更に継続した一週間

関連記事   /  トレードの前に、ギャンの価値ある28のルールは覚えておくべき

 

口座開設しておきたいFX会社一覧

 

 

Pocket
LINEで送る

 - 先週の為替相場