リスクオン相場とリスクオフ相場について

   

Pocket
LINEで送る

リスクオン・リスクオフ

2016年は年初より、マーケットはリスクオフの相場となっています。先日英国で実施

された、EU離脱の是非を問う国民投票で離脱派が多数で勝利となった結果、世界経済

の先行き不安から更に、リスクオフが加速するという事が起きています。

 

このようにFXなどトレードの際に情報収集していると、しばしば登場してきて目にす

る言葉ですが、リスクオン(risk on)・リスクオフ(risk off)の相場というのは、どうい

ったものなのでしょうか。

 

どういうマーケットの状況なのか

リスクオン相場とは、マーケットにおいて世界の経済状況が安定していて、これから

好転していくだろうという時、上昇している時などで、マーケットの参加者が楽観的

な心理状況で、リスク選好される強気(ブル)な相場状況の事を一般的に言います。

 

またその逆に、リスクオフ相場とは、マーケットにおいて世界の経済状況が不安定で、

これから悪化・景気減速していくだろうという時や、この先の見通しがたたない不透

明な時などで、マーケットの参加者が悲観的や不安な心理状況で、リスク回避の姿勢

が強まる弱気(ベア)な相場状況の事です。

 

○○ショックというものや、今回の英国EU離脱派勝利のニュースに揺れる相場など

は、まさにこのリスクオフ相場ですね。

 

リスクオン相場の傾向

リスクオン相場では、資産を収益の高いものに回そうという動きが活発になります。

投資家が積極的にリスクをとって、大きくリターンを狙うという動きが強くなります。

そのためリスク資産である、資源国などの高金利通貨が買われやすく、また株や原油

なども買われやすくなります。

 

その特長として一般的に、リスクオン相場は値動きが比較的安定していて、ゆっくり

と長く続くといった特長があります。こういった事から相場の世界で『買い』のこと

をロングと言ったりします。

 

リスクオフ相場の傾向

リスクオフ相場では、リスクの高い資産から資金を引き上げて手元に戻し、資産を安

全なものに回そうという動きが起こります。そのため比較的安定した通貨とされる、

米ドル・日本円・スイスフランなどが買われやすくなり、リスク資産は一斉に売られ

てしまうという傾向にあります。

 

リスクオフ相場は値動きが不安定で、短期間で一気に大きく動く事が多くなる特長が

あります。同じように『売り』のことをショートと言います。

 

最近では日本円が最強通貨?なのか、他が弱すぎるのか、本来の価値以上だと思いま

すが、リスクオフ=円高といった傾向がありますね。

また安定資産の代表的なものでもある金や、リスクの少ない国債などが買われやすく

なります。

リスクオン・リスクオフまとめ

リスクオン・リスクオフ相場のまとめ

近年ではインターネットの普及により、瞬時に情報が世界中に伝わるようになり、相

場の反応速度も一段と速くなっています。特にリスクオフ相場の時の下落速度が、短

時間でさらに速くなっているのではないかと思います。

そういった点でも、相場がオーバーシュート(行き過ぎのこと)してしまう割合も、

高くなっているのではないでしょうか。

 

また注目されている重要な経済指標の結果や、突発的なニュースなどによっても、リ

スクオン・リスクオフの相場の流れが変わったり、さらに流れを加速させたりします。

トレード中はこういった情報にも常に注意が必要ですし、プロの環境にはかないませ

んが、正確な情報を速く入手できるトレード環境も欲しいですね。

 

相場の急変動時には、FX会社のスプレッドが通常時とは違い、大きく開いたり注文

が入りにくくなる事も考えられ、トレードが不利になることも多々有ります。

FX会社選びでは、スプレッドの安定度や約定力の高さ、情報発信の速さなども、十

分に検討することが大切だと思います。

 

 

FX初心者が口座開設しておきたいFX会社一覧

 

Pocket
LINEで送る

 - 初めてのFX/応用編