高値圏で売らない安値圏で買わない、基本目線はトレンドフォロー

      2017/01/21

Pocket
LINEで送る

トレンドフォロー

高値圏のレジスタンスラインや安値圏でのサポートライン付近で、そのライン手前で持ち合

いとなりそのラインが抜けられずもたついている時など、チャートを見ているとついつい逆

張りしたい気持ちが頭をよぎります。高値圏・安値圏では損切りも小さく設定できるし、逆

張りがきれいに決まると気持ちいいのも正直なところです。

 

トレンド中は目線を固定

しかしトレンド中の高値圏・安値圏のこういった場面では、あくまでメインの方向のトレンド

フォローに徹して、一時的な逆張りの目線は封印しておきたいですね。トレードでトータル収

支をプラスにするために、やはり常にトレンドを追う目線で相場を見ていくことが大切です。

 

特に自分のトレード手法が固まるまでは、とにかく徹底してトレンドフォローのエントリーを

するか様子見でエントリーを見送るかして、エントリー目線を固定することが良いでしょう。

逆張りやドテンなどは安易にしてしまわないこと、優位性のない場面でこういった良くない習

慣を付けないように心掛けるべきだと思います。

 

高値圏・安値圏のエントリーには割り切りが必要

トレンドフォローのエントリーは、押し目や戻りで上手くエントリー出来れば良いですがタイ

ミングを逃してしまうと、新高値の買いにくいレートで買い、新安値の売りにくいレートで売

らなければならなくなったりします。トレードでは、高値掴みや底値売りとなってしまうので

は?といった恐さとも常に対峙しなければなりません。

 

ブレイクアウトの場合でもエントリー前に的確な損切りレートを決めておき、そのレートで損

切りとなって負けてしまう覚悟ができていない時はエントリーを見送るべきでしょう。

 

誰でもブレイクアウト後にヒゲとなって戻すのではないかと、常にエントリーの怖さはあるも

ですのが、ブレイクアウトの際のエントリーは特に割り切りが必要です。『今日の高値は明

日の安値、今日の安値は明日の高値』という格言がありますが、よく心に留めておきたいもの

です。

                         レンジ相場のブレイクアウトを見逃さない

 

高値圏で売らない安値圏で買わないまとめ

トレンド発生中と判断した時の高値圏・安値圏では、ついついの逆張りや一時的な押しや戻り

を狙ったトレードをしない。トレンド方向にエントリー目線を固定して、コロコロと目線を変

えない事が肝要です。そのためにより大きな時間軸のチャートにも目を向けて、大きなトレン

ド方向をしっかり把握して、目先観に捉われないトレードの習慣づけを心掛けていきたいです

ね。

 

あと、一つ注意点ですが、ブレイクしそう..なので早めにエントリーをするといった、○○だ

ろうトレードは避けてほしいトレードです。エントリー根拠が足りませんね。ブレイクアウト

という根拠を見届けてから、基本はエントリーはするものと考えるべきと思います。

 

 

前回の記事  /  ローソク足の長いヒゲに着目してトレード

関連記事   /  フィボナッチでトレンド発生中の押し目や戻りのめどを探す

先週の相場  /  2017年相場。今年もよろしくお願いします

 

◇ワンポイント相場格言◇ 大利を得んとする時は小利を争うなかれ

大相場の時に小さく利益をとることを考えてしまうと、目先の勝ち負けに目を奪われてしまう。

結果的に大相場を取る事ができずに、小利で満足する事になってしまうものだという格言。

 

 口座開設しておきたいFX会社一覧

 

Pocket
LINEで送る

 - 初めてのFX/基礎編