リターンムーブ後のレジサポ転換に敏感に気付く

   

Pocket
LINEで送る

リターンムーブ

ブレイクアウトのダマしについて前回は触れましたが、今回はもう一度ブレイクアウト後の

リターンムーブとレジサポ転換について見ていこうと思います。絶好のエントリーチャンス

を逃さないために、一連の動きとその仕組を覚えておいて損はないのではないでしょうか。

 

リターンムーブとは

レジサポラインを抜けて新たなトレンドが発生する、またはトレンドが継続する値動きとな

った時などでも、余程大きな材料で一方的な動きとならない限り、これまで機能していたレ

ジサポラインにレートが一旦戻ってくる動きが良く見受けられます。

 

これを『リターンムーブ』と言いますが、これはブレイクアウトを狙っていたのトレーダー

の利益確定や短期で戻りを狙う注文などが大きく入ったりして、このような揺り戻しの動き

が起こりやすくるのです。

 

ブレイクアウト時に「ラインを抜けたー。あー戻ってきたー」と値動きに翻弄されて慌てて

パニックにならないように、リターンムーブという流れが起こりやすいという事を、まずは

知ってることが大切です。また、このリターンムーブ時にブレイクしたライン近辺の値動き

が更に大変重要となります。

レジサポ転換例

レジサポ転換

レジサポ転換とはブレイクしたラインや価格帯であるレジスタンスライン(抵抗線)・サポ

ートライン(支持線)の機能がこれまでと入れ替わる事。水平線のレジサポラインだけでは

なく、斜めのトレンドラインでも同じような事が起きたりします。

また、皆さんよくご存じのダブルトップなどのチャートパターンで出来る、ネックラインで

も同じようにレジサポ転換が発生したりします。

ネックラインのレジサポ転換例

なぜそんなことが起きやすいのか?

ラインブレイク時に、これまで機能していたレジサポラインなどを頼りに逆ポジションを持

っていたが、逃げ遅れてしまった(損切りできなかった)トレーダーなどが、運よくレート

が戻ってきて絶好の逃げ場所として決済ポイントとなる事。またトレンドフォローのトレー

ダーがレジサポ転換期待や転換を確認して新規エントリーをしてくるためです。

 

その結果レジサポライン近辺でレートが折り返す動きになりやすく、レジサポラインの転換

がよく起こるという事になります。折り返す事ができれば、安値切り上げ・高値切り下げと

なって絶好のエントリーチャンスとなります。

 

分岐点

このレジサポ転換できるかどうかというのは、その後の値動きに非常に大切な分岐点となっ

てきます。転換できれば期待通りにトレンド継続、転換できなければダマしで終わってしま

い期待とは逆に大きく走ってしまう事も多いです。

 

トレードしていて、この分岐点となるラインに自分が敏感に気付けるかどうか?というのが

問題となります。チャートにラインを引いてなくてもラインが見えるレベルの方は別として、

チャートに適切なラインが引けてなければ始まりませんね。

 

まずはチャートにラインを引いてみよう

チャートに適切なラインを引くにはやはりある程度の経験が必要で、FX初心者の方には難し

く感じるかと思います。しかし分からないなりにチャートにラインを引いていかない事には、

レジサポ転換も見つけにくいですし敏感に気付く事も困難です。

 

まずは難しく考えすぎずに、ご自分のチャートにどんどん水平線や斜めのラインを引いてみ

る習慣を付けていきましょう。続けていれば次第に要領も掴めてきて、的確なラインも見え

てくるものと思います。

 

ラインの引き方が分からないという場合は、このページ下方の「関連記事」なども是非あわ

せて参考にしてください。

 

◇ワンポイント相場格言◇  失敗の損失を悔やむな、その反省から大きな幸が生まれる

相場での失敗は誰でもあるものなので、失敗を後悔する事もあります。しかし後悔だけで終わらせずに、

なぜ失敗したかを反省・分析する事により、次回の成功のもとを探すことも可能となります。失敗した

ことからこそ、貴重な教訓を見出すことができるのです。

 

前回の記事  /  ブレイクアウトの失敗(ダマし)に対処する

関連記事   /  チャートにトレンドラインを引いてみよう(超基本編)

先週の相場  /  注目のトランプ・イエレン2人の発言を無事通過して

 

Pocket
LINEで送る

 - 初めてのFX/基礎編