『卵はひとつのカゴに盛るな』はFXも然り

   

Pocket
LINEで送る

卵はひとつのカゴに盛るな

FXを勉強していると良く見かけるものに、相場の格言というものが有ります。FXなどの

投資をする際、誰しもはじめは初心者ですので相場と向きあう事に関して、大切な経験

というものが不足しています。そこで頼りになるのが先駆者である先人たちの、経験に

裏付けられ永く語り継がれている言葉になってきます。

 

『卵はひとつのカゴに盛るな』

相場の格言に『卵はひとつのカゴに盛るな』というものが有ります。

その意味は、すべての卵をひとつのカゴに盛ってしまうと、もしそのカゴを落としてし

まうとすべての卵が割れてしまうという事になりかねませんので、あらかじめ複数のカ

ゴに分散して入れておけば万一ひとつのカゴを落としても全てを失う事はありません。

投資において、リスクは分散する事が大切であるという教えになります。

 

FXトレードにおいてのリスクの分散

本来はFXだけで投資をするのではなく、株なども含め複数の..といった切り口での話と

するべきなのでしょうが、こちらのページでは、まずはFXをという方を想定してのもの

となっていますので悪しからず。

                       ご参考までに 株の勉強もしてみたいという方

 

短期トレードと中長期トレードに資金を分散する

FX初心者の方にとっては、まずは一つのトレードスタイルを身に付ける事が大切となり

ますので、いずれはという感覚でご覧頂ければと思います

 

ある程度トレードに使える資金量が増えてきた時ですが、短期トレードのデイトレード

やスキャルピングで、レバレッジをかけて資金効率を上げて為替差益を狙います。同時

に別口座でレバレッジを抑えて、外貨預金感覚でスワップ金利を目的とした中長期トレ

ード。これらを併用してトレードしていくことで、資金とリスクを分散するという方法

もあります。

 

ポジションの分散

ポジションを建てる際、ピンポイントで最良のエントリーはなかなか出来ませんね。

そこでポジションを何等分化することにより、段階的にポジションメイク(ピラミッテ

ィング・計画的ナンピン)することも有効な手段となります。

 

この場合でも、もちろん許容できる損失をあらかじめ計算し、思惑に反した場合の出口

(損切り)を決めたトレードで、資金管理をする必要があります。

 

複数のFX会社の口座でリスクを分散

リスクを分散するという事において、FX会社も1社だけでトレードするのではなく次の

ような場合も考えて、複数の口座を利用することで有事に備えておくのが良いのではな

いでしょうか。

 

システムの不具合

FX会社のシステムの強化は、以前と比較して大幅に進んではいるようですが、突発的な

システムの障害が発生してしまう事は考えられます。また急激で極端なボラティリティ

の広がりによっては、まれに一部の口座で注文が入らないなんてことも起こり得ます。

絶好のトレードチャンスをミスミス逃して悔しい思いをしないように、複数のFX会社の

口座を利用しておきたいものですね。

 

トレードスタイルごとに使い分け

先ほども触れましたが異なるスタイルでトレードする場合は、スタイルごとにレバレッ

ジ管理が異なりますので、この場合もFX会社の使い分ける事が好ましいです。FX会社に

よりスプレッド・スワップ金利にも差が有りますので、トレードスタイルに合わせて少

しでも有利なFX口座の利用をしていきましょう。

 

FX会社がもしもの場合

現在は信託保全の義務化によって、FX会社が破綻した場合でも預けた大切な証拠金は返

還される事となっています。しかし実際にそうなってしまった場合、ご自身の元に証拠

金が返還されるまでには相当な時間がかかるでしょう。こういった場合も貴重な時間や

トレードチャンスを逃してしまうことが考えられるため、普段から複数のFX会社でトレ

ードしていくことも重要なリスクヘッジとなってきます。

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございました。

今ご利用されているFX会社の他にもFX口座を考えてみようかなという場合は、是非

下記からFX各社の記事も参考にご覧になってください。

 

複数口座開設で備える /   口座開設しておきたいFX会社一覧

 

 

Pocket
LINEで送る

 - 初めてのFX/基礎編