FX取引に潜むリスクは?

      2016/04/14

Pocket
LINEで送る

FXのリスク

FX初心者の方が知っておくべき、FX取引に潜むリスクをピックアップしてみました。

予めFXにはどんなリスクが存在していて、どんな対処が必要かをまとめましたので、参考

にして頂ければと思います。

 

1.為替変動によるリスク

為替相場は24時間常に変動しています。FXはこの値動きにより利益を狙う取引ですが、

同時に損失が発生する可能性も有ります。突発的な事件・事故や各国要人の発言などの情報

で、想定外の為替変動が起こる事も少なくありません。

保有したポジションを放置するのは大きなリスクとなります。損切りの設定(逆指値)を入

れてリスクヘッジしましょう。

2.スプレッドのリスク

エントリーした時点で既に、スプレッド分がマイナス(損)となります。スプレッドも取引

積み重ねていくと、馬鹿には出来ません。スプレッドの負担を減らすには、第一にスプレ

ッドの狭いFX会社を選ぶ事と、無駄なエントリー回数を極力減らす事です。

また、重要指標の発表時や急激な価格変動時などは、スプレッドが広くなり取引が不利にな

る事が有ります。

 

3.レバレッジのリスク

FXはレバレッジの仕組みにより、証拠金の何倍もの大きな金額の取引をしています。レー

トが思惑と反対方向に大きく動いた場合、ロスカット(強制決済)となる可能性が有ります。

余裕を持った資金量で、過大なポジションを持たないようにする事、損切り設定を忘れない

事が大切です。

 

4.金利変動のリスク

FXではポジションを保持中は、日々スワップ金利の受け払いが発生します。ポジション

よっては支払い続ける事も有ります。高金利通貨の売りポジションを長期間保有する場合は、

この点も覚えておきましょう。

スワップ金利目的の長期トレードのつもりが、通貨ペアの2国間の金利が逆転する事も有り、

スワップ金利を支払う事となってしまう可能性も有ります。

 

5.流動性低下のリスク

外国為替市場はたいへん巨大で世界最大の金融市場ですが、マーケットの状況によっては急

激な価格変動が起こり、流動性が極端に低下して注文が入らない事や、スプレッドが大きく

広がるといった事が有ります。

予め損切り設定しておく事や、比較的流動性の高い(取引高の多い)通貨ペアを取引する事

が大切です。ちなみに取引高が一番多いのはユーロ/ドルになります。

 

6.システム障害のリスク

ご利用しているFX会社がシステムトラブルを起こした時など、一時的に取引が出来なくな

る事が有り決済できないなどのリスクや、チャンスを逃してしまうというリスクも有ります。

そのため信頼できるFX会社を選ぶ事や、複数の会社に資金を分けておく事などで、リスク

分散するといった手段が有効となります。

また、ご自身のパソコンやインターネット環境の不具合等の可能性も有ります。ポジション

保有時には損切り設定などを入れておき、万が一の事態のためにもリスクヘッジしておく

とが大切です。

 

7.FX会社のリスク

FX会社が倒産という事も有り得ます。しかし運悪く倒産という場合にも信託保全(顧客の証

拠金はFX会社の資産とは別に管理する)という制度により、預けた証拠金は保護されていて、

戻ってくる事になっています。現状FX会社は信託保全が義務付けられていますが、その信託

保全にも全額信託保全と一部信託保全という種類が有ります。

FX会社に預けた証拠金を守るためには、全額信託保全のFX業者を選ぶことが大切です。

 

FXのリスクまとめ

こんなリスクばかり聞かされると何だか不安?となるかもしれませんね。

でも、殆どの項目が損切り設定(逆指値)を入れる事とレバレッジを抑える事により、リス

クを低下させる事が出来るのです。上記のリスクを知った上で、リスク回避やリスクを軽減

する方法・手段を身に付けて実践していって頂きたいと思います。

大きな利益を狙えることが魅力である半面、全てが自己責任とされるFX取引において、ご

自身で資金を守る知識は必須となります。

 

おススメのFX会社は?

初心者はスイングトレードから?

 

Pocket
LINEで送る

 - 初めてのFX/基礎編